トラブルリスクを下げるガラスのメンテナンス

自分で交換や修理ができないガラスの対応はプロへ

トラブルを未然に防ぐ~定期的なメンテナンスの重要性~

ガラス板

ガラスの破損はビルの居住者だけではなく、通行人である第三者の被害に発展することも考えられます。トラブルを未然に防ぐため、定期的なメンテナンスも必要です。

ガラスのメンテナンス内容

ガラスの耐久性を高める
ガラス清掃を行なう業者は、ロープを用いた清掃時に不具合箇所がないかの点検も同時に行ないます。ただ清掃をするだけではなく、同時にメンテナンスを徹底的に行なっているのです。このことにより、ガラスの破損を早期発見することができます。破損事故につながることを防ぐ定期的なメンテナンスにより、ガラスの耐久性を高めることができるでしょう。
不具合箇所の報告
ロープ作業を伴うガラス清掃時は、テナント居住者や第三者が見つけることができない部分の不具合等も目視し、触診を行ないながらガラスの状況を確認します。ノウハウを持っているからこそできる作業であり、「いつもと違う」と感じたら徹底的に確認を行ないます。不具合が認められた場合は、作業時に写真に収め、依頼主に報告をします。

ガラス補修でトラブルを回避する

小さなガラスの傷程度でのガラス交換に、多額の費用がかかることを知ったという場合は、ガラスの補修の検討もおすすめします。小さな傷程度であれば、職人の手によって修復可能です。ただし、高所作業が向かないこと、傷の位置や深さによっては対応不可である場合があります。また、熱線等を入れているなど特殊処理ガラスに対する作業はできません。補修ができると素人判断はせずに、必ず補修作業ができるガラス屋に見てもらい、可能と分かったら見積もりを依頼しましょう。

様々なキズに対応可能

ガラスの小さな傷はいろいろな種類があります。今、大きな事故につながる恐れはなくとも、その瞬間からガラスの耐久性は低下しています。鳥の衝突や突風でガラスが割れてしまう可能性を防ぐために、小傷を見つけたら早いうちに補修を行ないましょう。全面交換と比べ、費用も安く済みます。

日ごろのメンテナンスが重要

高所のガラス修理は、修繕費で経費処理することができても高額な修理費用がかかります。日頃からのメンテナンスの必要性が重要視されるでしょう。

TOPボタン